酵素ジュース

酵素ジュースで手軽に酵素摂取

酵素ジュース

最近はやりの酵素にはデトックスや解毒作用があるといわれ、若い女性を中心に食事や生活で意識して取り入れる人が増えてきています。

果物や野菜に含まれている酵素は、スムージーやジュースにすると摂取しやすいといわれていましたが、最近ではより効率的に摂取する方法が紹介されています。

 

それは、自分で酵素を手作りして飲み物や食事に取り入れるというものです。手作りした酵素は野菜や果物そのものよりも濃度が高く、効果も高いといわれています。

 

その作り方はとても簡単。好きな野菜・果物と、白砂糖を1:1.1で瓶に詰め、1日1〜2回かき混ぜるだけというもの。常温に置いて発酵を促し、夏場なら5日、冬場なら7日程度で完成します。
このように作り方は非常に簡単ですが、注意する点もいくつかあります。まず、保存容器の瓶は必ず煮沸消毒することです。瓶に悪い菌が付着していたらその菌まで繁殖させてしまうことになりるからです。
また、発酵にかかる時間はあくまで目安です。自身の目で発酵具合をチェックし、長く置きすぎないようにしましょう。発酵が進みすぎると、カビ等の原因となります。最後に、完成した手作り酵素はその後冷蔵庫で保存し、1ヶ月以内に使い切るようにします。
以上の3つのことに注意するだけで簡単に酵素が手作りできることが、酵素ブームのひとつの要因といえるでしょう。